• ホーム
  • イトリゾールに副作用はある?

イトリゾールに副作用はある?

脚にクリームを塗っている女性

皮膚にカビや酵母が感染することで起こる感染症は、細菌やウイルスとは異なり、専門用語で真菌と呼ばれる種類に属するため、抗真菌薬によって治療をすることになります。
イトリゾールは抗真菌作用のある治療薬で、使用することでカビや酵母が原因となる感染症を治療することができます。
イトリゾールの成分はトリアゾールに属するイトラコナゾールで、真菌が身を守るために表面を覆う細胞膜の構成成分であるエルゴステロールを阻害することで、正常な生育を阻み殺菌的な作用を示します。
適応菌種は皮膚糸状菌のトリコフィトン、ミクロスポルム、エピデルモフィトンなどで、性行為によって感染するカンジダ、頭皮に増殖することでフケやかゆみを起こすマラセチア、手足に感染することで起こる水虫の原因となる白癬菌、アスペルギルス、クリプトコックスなど非常に幅広い真菌に対応します。
皮膚に感染するものは通常ならクリームやローションといった塗り薬を使用するので、重篤な副作用を起こすことはありませんが、イトリゾールは飲み薬として使用されるため、比較的少ないとは言われていますが、必ず何らかの副作用を起こすことになります。
良く報告されているのが胃の不快感、発疹、手足のむくみ、嘔吐といったもので、後遺症になるようなほど重篤なものはありませんが、稀に肝機能に影響を与えることがあります。
イトリゾールは短期的に高濃度で使用するパルス療法を行うことがあるため、代謝するべき肝臓に負担がかかることが分かっています。
短い期間で使用するので、正常な人ならさほど気にすることもありませんが、元々肝臓が弱い人や以前に何らかの既往症を持っていた場合には影響を受けやすいようです。
また、他の副作用も軽いものが多いですが、重篤な副作用の前段階で起こることもあるため、体に異変を感じたら医師に相談するようにしましょう。